正社員交渉が得られる派遣-トップ画像
転職へのヒント
転職をスムーズにする方法
お勧め転職情報
リンク集
サブメニュー
リンク集
内職 ハローワーク 内職 内職 手作業 おまとめローン キャッシング 比較 在宅ワーク
 


私は、20代半ばまで、地元の地域密着型情報雑誌社に勤めてい
ました。毎日、カメラとメモ帳とボールペンを持って走り回り。
会社から目の前にある家にほとんど帰ったことがありませんでし
た。
一ヶ月の電気料金が892円のときは、女としてなんだかへこん
でしまいましたが。

何年も勤めていたので、地元の地理に飽きてしまった私は、思い
切って上京しました。その背景には父の後押しもあったんです。
父が「地元を出たいなら30歳前には出なさい。30歳をすぎる
と田舎にいる人間は保守的になるから、地元から出にくくなるし、
向こうに行っても仕事が探しづらいから。」と言ってくれました。

上京してからは、地理を学ぶのにちょうどいいと営業をやってみ
たり、サービス業、秘書など職を転々として、やっぱり文章がい
いと思い、転職活動をしました。
その活動のなかで思ったことは、一貫性のない転職・経歴、転職
数の多さはマイナスだということ。
紹介派遣登録会社(ある一定期間までは派遣として働き、のちに
正社員交渉してもらえる派遣)の担当者がいうには、20代、3
0代、40代にいたっても、転職は1回までが好ましい。それ以
上は紹介しづらいと言われました。
また異業種に転職してきている人も紹介しづらい。

ようは、リストラ、初めての転職などで訪れる人や1つの会社に
長くいた人にはオススメな転職手段なのが、紹介派遣なんだと思
います。
事実、私が登録しに訪れたときは、私より年上の方たちが多くい
ました。リストラ、早期退職を機に異業種へいきたいという声も
聞こえてきていました。男性のイメージが強いかもしれませんが、
女性も見かけました。

担当者によっては、より深くカウンセリングしてくれますし、不
安な気持ちも安らぐんじゃないかと思います。

転職が少ない人はためしてみてください。


google2
Copyrightc 2008 女性中高年へ転職成功へのヒント
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。